RAIKOUKAI

NEWS

ニュース

2017年11月01日ニュース

「女性活躍推進法」に基づく、一般事業主行動計画を策定しました


 

 

平成29年11

     「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」

社会福祉法人来光会 行動計画

 

 当法人では、全職員における女性職員の割合は65%であり、H28年度の採用数

男女比も、同程度で推移している。女性管理者も相当数いることから、法の目的は

ある程度達成できている考えられる。 したがって、男女にこだわらず 

さらに社員全員が働きやすい環境をつくるよう、以下の行動計画を策定する。

 

1.計画期間 平成29年11月1日~平成34年10月31日までの5年間

 

 2.社会福祉法人 来光会の課題

   質の高い、介護サービスが継続的に提供できるよう、個々の職員の

             スキルアップにつながる社員教育を実施していく。

 

 3.目標

    正規・非正規、男女の区別なく、対象職員の介護福祉士資格の

        取得率50%をめざし、企業内(外)研修を継続的に推進する。

 

 4.内容

 第一期 平成29年11月~平成31年10月

        介護福祉士資格取得のための、実務者研修実施   

      (研修人数: 常滑施設GP 40名、一宮施設GP 40名 計80名)

 

  2期 平成31年11月~平成33年10月

        介護福祉士資格取得率の現状把握と、目標再設定

 

  3期 平成33年11月~平成34年10月

     その他福祉教育に必要な、社員研修全般の見直し

 

 

 

 

 

 

 

 

             社会福祉法人 来光会

女性の活躍に関する情報公表

平成29年11月1日現在

 

 

 1.採用した職員に占める女性職員の割合

(平成28年4月1日~平成29年3月31日までに採用した職員)

 

「全体」:65%

 ・正職員:54%

 ・パート職員:79%

 

 2.全職員に占める女性職員の割合

 

「全体」65%

 ・正職員:57%

 ・パート職員:78%

 ・派遣職員:100%

  

3.役職者に占める女性の割合

 

33%

 

以上

 

 

 

 

 

 


< 一覧に戻る