RAIKOUKAI

NEWS

ニュース

2020年11月04日ニュース

えもり研修会シリーズ第3回


あまりにも日常的で忘れがちなテーマ

『トロミをつける』

管理栄養士や言語聴覚士が中心になり研修を行いました。

入職して日が浅い介護職や介護福祉士はもちろん、看護師やセラピストも参加。

まずは、全員でトロミについて再度確認!

管理栄養士が講師を務めています。

ジュースや牛乳など飲み物によって、どのように違うのか?

実際にトロミをつけて、直に味わって確認!

えもりでは、スプーンの色分けでトロミの濃さが決められています。

トロミの濃い、薄いは知っていても実際に自分で味わうことはあまりありません。

はじめてのスタッフもいたようです。

薄めだと飲みやすいとか、多めだと少し固めでゼリーの様でおいしいなど意見がありました。

トロミを付ける材料・食材・飲み物によってトロミが付きにくいことなども学んでいました。

ご利用者には、このトロミを必要としている方が大勢いらっしゃいます。

申し送りがしっかり伝達され、間違いのない提供・おいしく提供のためこの研修のように、真摯に取り組んでいきましょう。

                    介護老人福祉施設えもり  

 

 


< 一覧に戻る